岡上尋市のドラマ感想 › 韓国ドラマ › 「青い海の伝説」8話、チョン・ユミがカメオ出演…切なさで強い存在感を残す

「青い海の伝説」8話、チョン・ユミがカメオ出演…切なさで強い存在感を残す

2017年12月09日

SBS水木ドラマ『青い海の伝説 DVD』(監督チン・ヒョク、脚本パク・ジウン)に、チョン・ユミが陸に上がってきて救助隊員として働いている男人魚ジョンフン(チョ・ジョンソク扮)が愛した女性ヘジン役で登場した。

この日、ヘジンはジョンフンの同僚救助隊員を通じて、彼が死んだという知らせを聞かされ、ジョンフンが残した指輪ケースを受け取った。その中には人魚がとても幸せで気分良くて泣く時だけに出るというピンクの真珠で作られたリングが入っており、愛していた恋人だが彼が人魚だという秘密を知って彼を去ったため、ヘジンはさらに複雑な感情を感じ、言葉を続けられずにただぼんやりと真珠だけを眺めるしかなかった。

青い海の伝説 DVD


この時、ヘジンより先にジョンフンに会いに来ていたチョン(チョン・ジヒョン扮)は、「ここに住むながら幸せすぎて涙がでたことがただ一度だけあったと言ったが、キム・ヘジンさんのためだったそうです。力道妖精キム・ボクジュ DVDそのように良かった時間をここに残したかったようだ」とジョンフンの言葉を伝え、ジョンフンの本音をチョンから聞いたヘジンは、彼が自身をどれだけ愛していたのか思い知らされた。彼が残した真珠を胸に抱いたまま嗚咽するチョン・ユミの姿は、切なさをかもし出すのに十分だった。

この姿を見たチョンも、自身のために泣いている将来のジュンジェ(イ・ミンホ扮)の姿を見るかのようで心を痛めた。青い海の伝説 DVD先立ってジョンフンにソウルの暮らしと恋愛アドバイスを聞きながら、愛について学んでいたチョンにとってヘジンの登場は、真の愛と愛する人について改めて考えるきっかけを作ってくれた。

このようにチョン・ユミは、ヘジン役にすっとはまり、チョンとジュンジェの愛の継ぎ目役を正確にやり遂げたことはもちろん、切ない涙の演技と率直な感情表現で短いが強い印象を残した。



同じカテゴリー(韓国ドラマ)の記事
 ムグンファの花が咲きました118話~120話(最終回) (2018-06-04 15:12)
 「嫉妬の化身」コン・ヒョジンの「無欠点肌」メイクのヒント (2017-12-13 15:35)
 『彼女は綺麗だった』どんでん返しに次ぐどんでん返し、チェ・シウォンは小説家TEN? (2017-12-06 15:00)
 「夜を歩く士」イ・ジュンギ、イ・ユビのキスを拒絶“今君を抱きしめたら…” (2017-12-01 11:50)
 韓国ドラマ-女の秘密-あらすじ-最終回まで感想 (2017-11-28 11:09)
 「愛するウンドン」ユン・ソフィ、-ペク・ソンヒョン、おぼろげな感性抱いた完壁呼吸に'期待 (2017-11-21 14:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。