岡上尋市のドラマ感想 › 稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ

稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ

2017年12月21日

2004年にフジテレビ系で放送されたTVスペシャル『犬神家の一族』を第1作として、2000年代に放送された稲垣吾郎主演のスペシャルドラマである。『犬神家の一族』では石坂浩二主演、市川崑監督で製作された1976年の映画版へのオマージュが多数見受けられるものとなっており、稲垣演じる金田一の容姿も和服にするという原作に比較的忠実なものとなっている。

原作の中にY先生( = 横溝正史と考えられる)という語り手が登場することもあってか、ドラマ中には小日向文世演じる「横溝正史」が登場し、金田一とはかなり親しい間柄である(金田一のことを「耕さん」と呼ぶ)。また、各作品のエピローグは金田一から送られてきた事件に関する手紙を読み、それをヒントに横溝が小説「稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ DVD」の執筆を開始するシーンで幕を閉じている(ただし『悪魔が来りて笛を吹く』では序盤にもう執筆を始めている)。

稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ DVD


他に、レギュラー出演者として塩見三省演じる橘署長がいる。等々力警部や磯川警部など、「稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ DVD」によく登場する刑事は出演せず、彼がその役回りを担っている(ただし、『悪魔が来りて笛を吹く』では岡山県警から金田一に送られてきた手紙に「磯川常次郎」の名前がわずかに確認できる)。




Posted by 岡上尋市 at 11:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。